2chまとめブログ『えっ!?またここのサイト?』です。『またここ?』と呼んで下さい。2chで拾った恋愛系のネタを中心に男女の暴露話や面白ネタを集めています♪

一押し面白記事

来年2月地球に直径1キロ弱の小天体が地球に約5100万キロまで接近するらしいwwwwwwwww

1231277947_29e3fe6699


1. 膝十字固め(北海道)@\(^o^)/ [ニダ] 2016/12/30(金) 21:17:57.74 ID:AMQYeoQS0●.net BE:299336179-PLT(13500) ポイント特典

米赤外線天文衛星「NEOWISE(ネオワイズ)」による観測で小天体が見つかり、来年2月25日に地球に約5100万キロまで接近することが分かった。

米航空宇宙局(NASA)の発表によると、この小天体「2016WF9」は直径0.5~1キロで、予測できる範囲では危険はない。元は彗星(すいせい)の核だった可能性があるという。

WF9は11月27日に発見され、太陽の周りを回る公転周期は約4年11カ月と判明した。木星軌道付近から来て、地球軌道の内側に入った後、再び遠ざかるとみられる。

同衛星による観測では、はっきり彗星と分かる天体も最近見つかった。この彗星「C/2016 U1 NEOWISE」は太陽系の外縁から飛来し、来年1月14日に水星軌道の内側まで入る見通し。
同月第1週には地球の北半球で、高性能な双眼鏡を使えば夜明け前に見えるかもしれないという。http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161230-00000076-jij-n_ame


2. 膝十字固め(北海道)@\(^o^)/ [ニダ] 2016/12/30(金) 21:18:36.87 ID:AMQYeoQS0.net

直径1キロなら衝突したら結構なダメージありそうだけどな



「えっ!?またここのサイト?」の全記事を表示

【宇宙ヤバイ】5億年後に太陽は赤色巨星となり地球の全生物が絶滅するらしいぞ!

l5223


1. リバースパワースラム(徳島県)@\(^o^)/ [US] 2016/12/09(金) 18:56:24.12 ID:8B5rqi7f0.net

ベルギーにあるルーヴェン・カトリック大学のリーン・デチン教授は、5億年後に太陽が赤色巨星となり、地球のすべての生命が絶滅すると語った。
研究は、雑誌Astronomy and Astrophysicsに掲載された。

これは、とも座の古い星を観察した結果、分かったという。

太陽は、その水素をすべて使い果たした時に赤色巨星となり、数百倍の大きさになる。また太陽は晩年地球に近づき、膨大な量の物質を放出する。天文学者たちの予測によると、それが起こるのは5億年後。

地球は残るが、生き残るものはいない。学者たちはまた、水星と金星が完全に破壊されると述べた。

https://jp.sputniknews.com/science/201612093103867/


2. シャイニングウィザード(大阪府)@\(^o^)/ [US] sage 2016/12/09(金) 18:57:18.20 ID:ZdDPyE7c0.net

はい



「えっ!?またここのサイト?」の全記事を表示

【宇宙ヤバイ】地球に似た水のありそうな惑星3つを発見!地球から僅か39光年の近さ!

1. (catv?)@\(^o^)/ ageteoff 2016/05/04(水) 10:15:44.43 ● BE:698254606-PLT(14121) ポイント特典.net

地球から39光年離れたみずがめ座の方向で、太陽より小さくて暗い矮星(わいせい)と呼ばれる星を回る、地球ほどの大きさの三つの惑星を発見したとベルギーなどの国際チームが英科学誌ネイチャー電子版に発表した。表面に液体の水が存在する可能性があり、地球外生命探しへの期待が高まりそうだ。

南米チリにある欧州南天天文台(ESO)で観測した。この矮星の質量は太陽の10分の1以下で、表面温度は太陽の半分以下の約2400度。赤褐色の暗い光が周期的に弱まる現象を詳しく分析し、三つの惑星をみつけた。

惑星のうち二つは、1・5日と2・4日周期で矮星のそばを公転。残り一つも、数日から最大約73日で公転しているとみられる。いずれも公転軌道が矮星に近いため、表面が適度に温められ、生命が存在できる可能性があると判断した。

矮星は太陽の周囲にある恒星の約15%を占めるが、暗くて観測しにくいことなどから、詳しい分析は遅れていた。今後は、地球に似た惑星を探す有望な候補になりそうだ。研究チームは「地球外生命探しのパラダイム・シフト(考え方の転換)」などとしている。

http://www.asahi.com/articles/ASJ533T0BJ53UHBI00L.html
1


4. クロスヒールホールド(catv?)@\(^o^)/ 2016/05/04(水) 10:17:34.29 ID:Zge2sZMa0.net

よくわからん、チャリでどれくらいよ


「えっ!?またここのサイト?」の全記事を表示

宇宙が始まる前には何があったのか?って永遠の謎だよねwwww

1. ランサルセ(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/01/09(土) 09:49:45.82 ID:zirMLPzw0●.net BE:659060378-2BP(2000)

宇宙の全てがわかるアインシュタイン方程式
計算しても宇宙の始まりだけがわからない
物理学が崩壊してしまう

画像 NHK 
1
 

宇宙の時間を0にすると
宇宙の体積は0になり
エネルギーは無限大になる
何も無い所から無限大のエネルギーが出てきた
0と無限大が同居している
これを
はじまりの特異点
といい
現在の科学者を悩ませる難問なのです

画像 NHK 
2
 

特異点では時空の歪みが無限大になり
方程式はダメになります
そこから先は科学ではわかりません

「特異点」の問題が解明されない限り、「始まりの問い」は、
もはや科学者には絶対に解けないのだ。
アインシュタインも「特異点」のことは知っていた。
「特異点」には問題があると言って、悩んでいたのである。

http://homepage2.nifty.com/einstein/contents/relativity/contents/relativity106.html


3. 河津掛け(空)@\(^o^)/ 2016/01/09(土) 09:50:14.63 ID:SzB8psmg0.net

何もない暗黒


「えっ!?またここのサイト?」の全記事を表示

地球から14光年、最短距離の「生命の存在可能な」惑星発見wwwwwwww

2222523486_5e1894e314

1. ストレッチプラム(徳島県)@\(^o^)/ 2015/12/20(日) 17:21:59.57 ID:PJ8Zb2780.net BE:844761558-PLT(13051) ポイント特典

(CNN) 地球からわずか14光年という「至近距離」に、地球型の惑星が発見された。生命が存在する可能性のある惑星としては、これまで見つかった中で地球から最も近い。

この惑星は地球から14光年の距離にある赤色矮星(わいせい)「ウルフ1061」を周回する3つの惑星の1つ。
オーストラリア・ニューサウスウェールズ大学の研究チームが南米チリにある
欧州南天天文台の大型望遠鏡を使って発見した。

惑星は3つとも固い岩盤が存在している可能性がある。中でも「ウルフ1061c」という惑星は、
恒星との距離が極端な暑さや寒さにさらされない圏内にあって、液体の水が存在し得る
「ハビタブル(居住可能な)」惑星に分類できることが分かった。

研究チームを率いるダンカン・ライト氏は、「これまで見つかったハビタブル惑星の中で、
これほど地球に近いものはほかにない。これほどの近さであれば、もっと多くのことが分かるチャンスは
十分にある」と解説。メンバーのロブ・ウィッテンマイヤー氏も「生命が存在できるかどうかを探るため、大気を調べることも可能かもしれない」と述べた。

ただしウルフ1061cの重力は地球の約1.8倍。一方は常に恒星の方を向いていて極端に暑く、
反対側は常に日が当たらず極端に寒い環境にあると思われる。それでも部分的に日が
当たる地域に生命が存在できる可能性はあるとライト氏は期待する。

同惑星は、質量が地球の4倍を超え、固い岩盤をもつ可能性があることから「スーパーアース」と呼ばれている。

宇宙にはまだ、人類が発見していないハビタブル惑星が無数にある。
「あと20年もすれば、私たちの銀河系に他の知的生命体が存在するかどうかについて、もっと詳しいことが分かるだろう」と
ライト氏は話している。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151218-35075186-cnn-int


2. キン肉バスター(catv?)@\(^o^)/ 2015/12/20(日) 17:22:31.21 ID:vzznJOHD0.net

アベコベ惑星だな。


「えっ!?またここのサイト?」の全記事を表示

今年はスーパームーンの夏!8月、9月も発生!これは見るしかないwwww

今年はスーパームーンの夏、8月、9月も発生
http://news.livedoor.com/article/detail/9038021/

 

1


今年はスーパームーンの夏――NASA(米航空宇宙局)によると、今年は7、8、9月に、月と地球の最接近と満月が重なる日に見られる「スーパームーン」が観測できるそうです。

観測できるのはグリニッジ標準時で7月12日、8月10日、9月9日。7月は終わってしまいましたが、8月10日は満月が午後6時9分(日本時間11日午前3時9分)、最接近が午後5時44分(日本時間11日午前2時44分)と時間的に近いため、特に大きなスーパームーンとなりそうです。

米海軍天文台Geoff Chesterさんによれば、スーパームーンが続くのはそれほど珍しいわけではないそう。

昨年も3回続けて起きたけれど、大きく報じられたのは6月の1回のみ。

昨年6月のスーパームーンは、通常に比べて14%大きく見え、30%明るかったとして話題になりましたが、NASAは、スーパームーンと普通の月との違いが分からないこともあると指摘しています。

Chesterさんは、「スーパームーン」という名前は間違った情報を広めかねないため「なくなってほしいと思う気持ちも心の片隅にある」としつつも、「人々が夜空を見上げて、天文学に興味を持つならばそれはいいことだ」と語っています。

「えっ!?またここのサイト?」の全記事を表示

NASAの科学者ら、「宇宙人はいる。20年以内に明らかに」との見解で一致

【米国発!Breaking News】NASAの科学者ら、「宇宙人はいる。20年以内に明らかに」との見解で一致。
http://news.livedoor.com/article/detail/9052884/

 

1


火星に過去には湖?(画像はnasa.govが公開)
果てしなく広がる宇宙に、空気、水、生命体を持つ星がこの地球だけであるはずはない。
そんな信念のもと宇宙の調査を遠くへ、遠くへと進めている米航空宇宙局(NASA)の科学者らが、異口同音に
「地球以外にも間違いなく生命が宿っている星がある」
と述べたとして話題になっている。

エイリアンを乗せたUFOが飛来と言ってもそうそう飛びつかないが、米航空宇宙局(NASA)が「地球と非常によく似た惑星を発見」と報じると大きな興奮を覚える。

決定打となるような画像や映像の出現に期待は膨らむばかりだ。
そのような中、NASAはこのたび開かれた会合に参加した科学者らの一致した見解だとして、

「地球以外にも生命体が宿っている星は必ずある。20年もすれば明らかになるだろう」

と発表した。

米メリーランド州のジョンズ・ホプキンス大学に設立されたSTScIこと「宇宙望遠鏡科学研究所」のマット・マウンテン博士は、「この果てしない宇宙に生命体は自分たちだけと思うと寂しいものがありますが、もはやそれは違います。

他の星にも我々のような仲間がきっといます」と述べ、天文物理・科学のエキスパートであるマサチューセッツ工科大学のサラ・シーガー教授が、「近い将来、夜星を指さして“地球にそっくりな星はあれ”なんて会話する日が来るでしょう」と添えた。太陽系外惑星の調査研究がどんどん進められている今、NASAの天文学者ケヴィン・ハンド博士も「あと20年もすれば、この宇宙に生きているのが地球人だけではないことを確信することになるでしょう」と力説したという。

ちなみにNASAは1976年にロボット探査機バイキング1号、2号を火星に送り込んでいたが、そのデータをもとに「火星の土壌には微生物が存在する」と最近になって発表。

当時は栄養素と放射性炭素原子を含んだ水をバイキングが採取した土壌に加えるLR実験などが行われるも、結果が安定しなかったとし、今回は数学的な「クラスター解析」手法で生物・非生物に分類して解析が行われた。

また昨年12月には、NASAの火星研究チーム“マーズ・サイエンス・ラボラトリー”が、「36億年ほど前の火星に最大幅50kmほどの湖が存在した形跡を発見」と発表。過去には水があり、生命が宿る環境が整っていたとみる近年の学説を確固たるものにした。

こちらの写真は火星に送りこまれ、表面を走り続ける無人探査車「キュリオシティ(Curiosity)」が送ってきた画像データをNASAが公開したもの。
「ゲール・クレーター(Gale Crater)」という火星の巨大クレーター内にある、「イエローナイフ・ベイ(Yellowknife Bay)」というポイントの深さ5メートルほどの窪みである。

(TechinsightJapan編集部 Joy横手)

「えっ!?またここのサイト?」の全記事を表示

地球そっくりの惑星で水も存在!?500光年先に見つかる!!

地球そっくりの惑星、水も存在?500光年先に
http://news.livedoor.com/article/detail/8748512/

【ワシントン=中島達雄】地球から約500光年離れた宇宙で、地球そっくりの惑星を見つけたと、米航空宇宙局(NASA)などの研究チームが17日、米科学誌サイエンスに発表する。

太陽に相当する星からの距離を考えると、生命にとって重要な水が、液体として存在する可能性があるという。

同様の太陽系外惑星は数個見つかっているが、地球とほぼ同じ大きさという例は今回が初めて。

この惑星ははくちょう座の方向にある「ケプラー186f」
c065549d

昨夏、運用をやめた宇宙望遠鏡ケプラーの観測データから判明した。

地球から遠いため、大気の有無や生命がいるかどうかを確かめることは難しい。

田村元秀・東京大教授(系外惑星天文学)は
「水や生命の兆候を見つけるには、より近い地球型惑星の探査が鍵だ」
と話した。


「えっ!?またここのサイト?」の全記事を表示

【画像】宇宙からNASAが撮影した地球の夜が公開(厳選30枚)

01

2003年5月1日から宇宙での作業中に撮影した宇宙視点での厳選された夜景画像30枚

「えっ!?またここのサイト?」の全記事を表示

【画像】月のある綺麗な風景画像ください!!!

提供元:【画像あり】月のある綺麗な風景画像ください
http://hibari.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1322921303/

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/03(土) 23:08:23.15 ID:uTSKT6Lm0

こんなん 
1_1

1_2

1_3



「えっ!?またここのサイト?」の全記事を表示

TOPへ戻る
人気ページランキング
TOPへ戻る
【PR】
記事検索
フェイスブック
最新記事
ブックマーク人気記事一覧
最新コメント
記事検索
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
逆アクセスランキング

いつもアクセスお送り頂き
ありがとうございます。
頑張ってお返し出来るよう
精進します!

ALL

PR