2chまとめブログ『えっ!?またここのサイト?』です。『またここ?』と呼んで下さい。2chで拾った恋愛系のネタを中心に男女の暴露話や面白ネタを集めています♪

一押し面白記事

サソリの毒って1リットル11億円もするらしいぞwwwwwwwwww

1. サッカーボールキック(東日本)@\(^o^)/ [US] 2016/12/09(金) 09:02:29.44 ID:/CY1lbVE0.net

■世界で最も高価な液体ランキング

10位 人の血液
1リットルあたり約45,000円
sirabee20161204liquid1


9位 ガンマヒドロキシ酪酸
1リットルあたり約70,000円

8位 黒インク
1リットルあたり約80,000円

7位 水銀
1リットルあたり約10万円

6位 シャネル No.5
1リットルあたり約18万円

5位 インスリン
1リットルあたり約22万円

4位 カブトガニの血液
1リットルあたり約180万円

3位 幻覚剤
1リットルあたり約370万円

2位 キングコブラの毒
1リットルあたり約450万円

1位 サソリの毒
1リットルあたり約11億円

http://sirabee.com/2016/12/08/20161039270/


2. クロイツラス(庭)@\(^o^)/ [US] 2016/12/09(金) 09:04:45.48 ID:TR6HzTnU0.net

ちょっと、
サソリを取ってくるわ!
鳥取砂丘におるんやろから


114. 腕ひしぎ十字固め(茸)@\(^o^)/ [IL] 2016/12/09(金) 11:28:40.29 ID:A3do8MER0.net

>>2
はその言葉を最後に姿を消した
その後彼を見た者は誰もいない・・・



「えっ!?またここのサイト?」の全記事を表示

【画像】アフリカで発見された白いキリンが可愛すぎるwwwwwww

1


1. 名無しさん@涙目です。(四国地方)@\(^o^)/ 2016/01/25(月) 13:50:02.34 ID:7/0MEEUR0.net BE:284465795-PLT(12000) ポイント特典

タンザニアのタランガー国立公園で珍しい白いキリンが発見されました。
オモと名付けられたこのキリンは、群れの中にたたずみ、自分の身体の色が他のキリンと違うことを全く気にしていないようです。
オモを撮影した環境学者のデレック・リー博士によると、オモのようなキリンはアルビノ個体と呼ばれており、体内で色素を生成することが出来ず、このような体色になっているということです。
しかし、純粋なアルビノ個体は眼球の色が赤や青ということですが、オモの眼は普通のキリンのような色とのこと。
リー博士によると、このような状態は「遺伝子的なもの」によるとされています。
オモは現在生後15ヶ月のメスで、キリンの生涯の中で最もライオンなどの肉食獣に襲われやすい時期であると言います。
さらに彼女は他のキリンに比べて目立つ色をしているため、より肉食獣のターゲットになりやすいのでは、とリー博士は心配をしています。
また、無事に成獣になってからも密猟者のターゲットになることも多いようです。
「我々とスタッフは密猟者などの手からキリンたちを保護し、オモと彼女の家族が少しでも長生きできるようにしていくつもりです」とリー博士は話します。
http://www.africannews.top/%E4%B8%96%E7%95%8C/53366842.html


2. 名無しさん@涙目です。(埼玉県)@\(^o^)/ 2016/01/25(月) 13:50:33.68 ID:Z3MKKQEw0.net

アルビノ


「えっ!?またここのサイト?」の全記事を表示

【画像】足の生えた黒い謎の魚が捕獲されるwwwwwwwwwww

1. 名無しさん@涙目です。(四国地方)@\(^o^)/ 2016/01/22(金) 14:10:12.98 ID:OdL8pjkt0.net BE:284465795-PLT(12000) ポイント特典


 1

 2

ニュージランドの海岸で、なんとも奇妙な真っ黒の生き物が見つかりました。
ニュージーランドの海岸でバケーションを楽しんでいたクラウディア・ハウズさんとジェームス・ビュービンクさんは、この真っ黒な、まるで魚に足の生えたような珍妙な生き物を見つけました。
一体、これが何なのかまったくわからなかった二人は、その生き物をNew Zealand Te Papa Tongarewa博物館に持ち込みました。
残念ながら、専門家の手に渡ったときにはその生き物はすでに死んでしまっていました。
専門家は、現在これがどのようにして海岸にたどりついたのか調べています。
博物館によりますと、この奇妙な生き物は、アンコウの一種だと思われる、とのこと。
ただ、まだよく調べてみないことにははっきりしたことはわからないそうです。
http://www.africannews.top/%E8%87%AA%E7%84%B6/52997858.html


5. 名無しさん@涙目です。(関東・甲信越)@\(^o^)/ 2016/01/22(金) 14:12:06.15 ID:S6oBkJ86O.net

暗黒のアンコウ


「えっ!?またここのサイト?」の全記事を表示

恐竜みたいな巨大なウミヘビ型生物が打ち上げられたけどこれ一体何なのwwwww

1. ウエスタンラリアット(dion軍)@\(^o^)/ sage 2016/02/16(火) 23:24:27.23 ID:TCXn/2d20●.net BE:614796825-PLT(17667) ポイント特典

Prehistoric-looking sea creature with razor sharp teeth washes up on the shore of an Australian lake - so what is it?

Read more: http://www.dailymail.co.uk/news/article-3448823/Ugly-dragon-like-sea-creature-washes-shore-Lake-Macquarie.html#ixzz40LCZ2l00
Follow us: @MailOnline on Twitter | DailyMail on Facebook 


1
 
2


2. ダイビングエルボードロップ(東京都)@\(^o^)/ sage 2016/02/16(火) 23:24:57.52 ID:v6YUP9Ua0.net

穴子です


「えっ!?またここのサイト?」の全記事を表示

【画像】重さ120kg以上の超巨大ナマズが釣りあげられる!!

1. 雪崩式ブレーンバスター(四国地方)@\(^o^)/ 2015/12/15(火) 00:21:45.39 ID:jik7ZLsA0●.net BE:284465795-PLT(13000) ポイント特典

 1

 2

 3

イタリアの川で重さ120kgを超える超巨大ナマズが釣り上げられました。
この超巨大ナマズを釣り上げたのはイタリアに住むユーリ・エル・ディアブロさん(38歳)で、
1時間にも及ぶ格闘の末、この巨大ナマズを釣り上げることに成功したそうです。
「20年の釣り人生の中で最大の獲物です」とユーリさん。
あまりにも巨大すぎてボートに乗せられず、川に入ってナマズを捕獲したとのことです。
http://www.greatnews.top/archives/50259186.html


2. ビッグブーツ(やわらか銀行)@\(^o^)/ sage 2015/12/15(火) 00:23:18.00 ID:wSu2kDfg0.net

人も飲み込めそうだ


「えっ!?またここのサイト?」の全記事を表示

イヌの散歩のときにうんこ袋を持っていないと罰金が科されることにwwwwwww

1. デンジャラスバックドロップ(四国地方)@\(^o^)/ 2015/10/06(火) 22:23:19.41 ID:4ljrMyOy0●.net BE:284465795-PLT(13000) ポイント特典

イギリスのノーサンプトシャー、ダベントリ郡で新たな罰金制度が制定されます。 

1

それは、犬の散歩をする住民に対し、糞用の袋を持っていないだけで罰金が科せられる、
というものです。たとえ犬が糞をしなくても袋を持ち歩いていないというだけで
18,000円ほどの罰金となり、予防策としての罰金が制定されるのはイギリスでは
初めてのことです。
http://www.britishnews.top/archives/44765119.html


7. ジャストフェイスロック(チベット自治区)@\(^o^)/ 2015/10/06(火) 22:28:30.45 ID:I3WI6AgS0.net

これいいんじゃね
日本でもやってほしい


10. ときめきメモリアル(東京都)@\(^o^)/ sage 2015/10/06(火) 22:28:55.02 ID:pyxmoFJV0.net

日本でもやれ
オッサンが特に持ってねーんだよ


「えっ!?またここのサイト?」の全記事を表示

遂に世界で一番かわいい動物トップ20発表!!!!!正直微妙・・・(´・ω・`)

1: 不知火(岡山県):2013/10/06(日) 22:07:58.82 ID:PGMAFl3C0

世界で一番かわいい動物トップ20(CNN調べ)

米ケーブルテレビ向けのニュース専門放送局CNNのスタッフが選んだ、世界で一番かわいいと思う動物ベスト20が発表になっていたようだ。

ランキングには猫、犬、ハムスターなどの一般的なペットとして人気の高いものは省かれているようだ。

1:フェネック 

1_1
 



「えっ!?またここのサイト?」の全記事を表示

昔ワニは二足歩行していたらしいがお前ら知ってたか?wwwwwww

1. アルゼンチンバックブリーカー(catv?)@\(^o^)/ ageteoff 2015/04/04(土) 20:49:17.39 ID:og8+jik50.net BE:698254606-PLT(13121) ポイント特典

立って歩く巨大なワニの祖先──まだまだ見つかる太古の不思議な生き物たち

古い地層から見つかる化石は、すでに滅んだ不思議な生き物たちが確かにそこに存在していた証拠だ。最近の発見をいくつか紹介しよう。

「カロライナの肉屋」(Carolina Butcher)という学名が付けられたのは、恐竜が地上を支配する前の三畳紀・2億3100万年前の地層から見つかったは虫類。
ワニ(クロコダイル)の祖先に当たると見られるが、体長は3メートルほどで、後ろ足で立って歩くことができたとみられる。当時の生態系の頂点に立つ捕食者だったようだ。

長文略
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1504/03/news152.html
1





6. キャプチュード(dion軍)@\(^o^)/ sage 2015/04/04(土) 20:52:01.72 ID:qXBd5EeI0.net

カワウソとどっちが強いの?


7. アキレス腱固め(富山県)@\(^o^)/ 2015/04/04(土) 20:52:42.85 ID:KMT/KhY00.net

ドンキーコングで見た


「えっ!?またここのサイト?」の全記事を表示

【動画有り】アリの巣にセメントを流し掘ってみると衝撃の世界が広がっていた!!

アリの巣にセメントを流し掘ってみると…衝撃の世界が広がっていた - Peachy
http://news.livedoor.com/article/detail/9327154/

 

1

小さな小さなアリたち。
そんな小さなアリたちだけど、やる事ときたらハンパなくビッグなんです! 

アリの超巨大巣はどうなっているのか、気になったことはありませんか? 
その未知の世界を、アリの生態を研究するルイーズ・フォーチーズ教授が率いる研究チームが覗き見。
なんともまあ豪快に、アリの巣にセメントを流し入れて型をとるという方法をとった今回の研究……その光景にアナタのアゴは外れてしまうはず。動画も絶対に必見よ〜!


アリの家にコンクリートを流し入れる!? 
なんちゅー失敬な!……と思う方も多いかもしれませんが、これはれっきとした研究の一部。良い子は絶対に真似しないでね。

さてさて、この超巨大なアリの巣にセメントを流し入れて固めるわけだけど、これが一苦労! 
だって……流し入れたセメントの量が桁違いなんだもの。
その量は、なんと驚きの10トン! 

「えっ!?またここのサイト?」の全記事を表示

【画像有り】スマホいじるサルが話題に!ウォークマンのサルを彷彿wwwww

【写真】“スマホいじるサル”が話題に、ウォークマンのサルを彷彿?
http://news.livedoor.com/article/detail/9066515/

 

1

ロンドン自然史博物館とBBCが毎年主催している、名誉ある野生生物写真コンテスト「ワイルドライフ・フォトグラファー・オブ・ザ・イヤー」

今年は50周年を記念して、一般人からのネット投票がなされ、選ばれたものにピープルズチョイス賞が授与されるという。

ノミネートされているどの写真も力作揃いで目を惹く中、オランダの写真家、マーセル・ヴァン・オーステン氏が日本で撮影した写真が注目されている。

「フェイスブック・アップデート」と題されたこの写真、ニホンザルが温泉につかりながらスマホをいじっているというかわいらしさと面白さを兼ね備えたもの。

ソニーのウォークマンを聴いているお猿さんのCMを思い出す人もいるであろう光景だ。

写真家本人のSNSに記された撮影時の状況によると、観光客が温泉に入っているニホンザルを撮影しようとiPhoneを取り出したところ、近づきすぎてしまったためにひょいと盗られてしまったそう。

また、かなりの間いじっていたことが語られている。

写真は好評を博し、映画「スティーブ・ジョブズ」でジョブズ役を務めたアシュトン・カッチャーも「いつだって働いているさ」というコピーをつけて紹介し、ヒップホップのスヌープ・ドッグも「hahaha」とコメントをつけるなど、どんどん有名になっていっているようだ。

もともと温泉に入るサルが珍しく、「冬の猿」として国際的な写真展でも何度も賞に輝く題材となっているが、ひょっとしたらまた新しい栄冠に輝くかもしれない。

「えっ!?またここのサイト?」の全記事を表示

TOPへ戻る
人気ページランキング
TOPへ戻る
【PR】
記事検索
最新記事
ブックマーク人気記事一覧
最新コメント
記事検索
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
逆アクセスランキング

いつもアクセスお送り頂き
ありがとうございます。
頑張ってお返し出来るよう
精進します!

ALL

PR