2chまとめブログ『えっ!?またここのサイト?』です。『またここ?』と呼んで下さい。2chで拾った恋愛系のネタを中心に男女の暴露話や面白ネタを集めています♪

rss

できたことをひたすらほめる子育ては子への脅迫になるのでやめた方がいいらしい!!

「できたことをひたすらほめる子育て」は子への脅迫になると学者
http://news.livedoor.com/article/detail/9693665/

 

1

子どもの失敗は
まず真意を理解する。
ほめて育てる。
そんなポジティブ育児法があふれるほど紹介されている。

現代の親に求められるのは、子どもを受け入れる寛容性と忍耐。
叱って厳しくしつけるのが当たり前だった前時代のおじいちゃん、おばあちゃんたちからの溜め息が聞こえてきそうだ。

さて、突然だが、あなたは次のいずれかに当てはまるだろうか。






--------------------

□(子どもは)ほめて育てればいいと思い込んでいる

□子どもの言った言葉にいちいちつき合う

□子どもが傷つかないように配慮してしまう

□弱音に対して励ましを与える

□苦手な食べ物は好きなものと一緒に出してがんばらせる

□「空腹でいるのはかわいそう」と思ってしまう

□インターネット(携帯電話を含む)は「制限付きで大丈夫」と考える

--------------------

臨床心理士であり行動分析学者でもある奥田健次の著書『世界に1つだけの子育ての教科書―子育ての失敗を100%取り戻す方法』(ダイヤモンド社)では、なんと、上記のうち1つでも当てはまるのなら、子どもがダメになってしまうと警告している。

「三つ子の魂百まで」といわれるように、子どものしつけは3歳までとされる。
確かに、3歳にもなると、子どもの特徴がわかりやすくなってくる。
友達に暴力をふるう、好き嫌いが激しい、グズグズする。

じゃっかん3歳の子どもを前に「子育てに失敗したのかしら」と絶望するのは時期尚早な気もするが、手を打たなければ、問題はさらにこじれる恐れもある。
本書では、子どもがダメになる条件と同時に、3歳までの子育ての失敗は取り戻せると断言している。

成功の可能性は100%である。
ただ、そのための方法は、恐らく「ほめて育てる」育児法信者にとって非常に過激。ひとつ、本書の例を紹介する。

--------------------

【ケース】子どもが暴力をふるう、暴言を吐く、物を壊す

こんなケースに、あなたはどのような対処方法を考えるだろうか。

(1)暴力に対して暴力で返す(体罰を加える)

(2)その場しのぎの解決を試みる(「やめたらおやつをあげる」などと持ちかける)

(3)「どうしてそんなことをするの?」と、しっかりと話を聞いて、できるだけ子どもの気持ちを理解しようとする

(4)それ以外

--------------------

本書によると、(1)は力に対して大人の圧倒的な力で封じ込めるだけなのでNG、(2)のような取引もNG、(3)は親としては丁寧な子育てをしているつもりでも、実際には子どもの言葉に振り回されているだけなのでNG。ということで、答えは(4)となる。

「それ以外」の方法とは。
なんと「隔離する」こと。「タイムアウト法」とも呼ばれる隔離の具体的なやり方は、暴力・暴言などの程度で変わってくる。
程度がやさしければ、その場から強制的に退場させたり、短時間どこかに閉じ込めたりする。
目に余るようなら、病院や施設への入院や入所を勧めている。
とくに8歳を過ぎている場合は、強く入院・入所を勧める、としている。

 
確かに、社会において暴力行為などで刑事罰を受ければ、矯正施設への隔離となる。しかしながら、まだ子どもである。
「隔離なんて」「かわいそう」「極端だ」という声もまたあるだろう。
しかし、本書ではできるだけ小さいうちに、機械的に、例外なくこのルールを適用し、「暴力・暴言には隔離」と身をもって覚えさせたほうが、のちのち困ることがないという。

ちなみに、隔離する前にやっていけないこととして「脅し」が挙げられている。
「こんどやったら入院させるからね」というアレだ。
では、隔離しても直らず、「また隔離するぞ」と言えないのなら、再び暴力が出たときにはまた隔離するのか。
答えはYES。
タイムアウト法を使ううえで最も大切なのは、本書いわく「やりたければどうぞマインド」。
つまり、「やりたければ(言いたければ)、どうぞ何度でも」という態度を取ることなのだ。
何度、隔離をすることになろうとも、決して親が根比べで負けてはならないという。
寛容性や忍耐のかわりに、相当な覚悟が求められる方法といえるだろう。

「とにかくほめる」または「叱る」というルールを用いた育児法にも警鐘を鳴らしている。

たとえば、夕飯前に宿題をやるという約束をことごとく破る子どもに、あなたはどのような対処をしているだろうか。

本書によると、細かくルールを課し、親が警察官のように取り締まるようなやり方は、「ウソ」「言い訳」「他人のせいにする」「失敗を隠す」などの行動を助長させるのでNG。
また、できたことをひたすらにほめるやり方は、裏返せば「できていなければダメな子」という脅迫でもあるということでNG。
正しい対処法としては、小さなゴールをたくさんつくる「スモールステップの原理」の導入が挙げられている。

世間に広く認知され、受け入れられている感がある育児法を真っ向から否定し、行動分析学からの科学的見地で明確に示される本書の育児法。

読み始めこそ衝撃的かもしれないが、そのうち、ブレのなさと力強さに勇気が湧いてくるのを感じる親もいるはずだ。

「今の方法で本当によいのだろうか」と悩んでいる育児世代に、ぜひとも一読いただきたい。

文=ルートつつみ



えへ♪褒められるようなことしたことないのでほめられてまへん


褒めて育てる、悪いことじゃないんだけど、折れちゃったら立ち上がれないように育つんじゃないかと。対応力を育てる事が大事かな~ と思うんだけど。あと健康ねw


アドラーは、ほめることは良くないって言ってた。


これ、かなり共感‥‥(´・ω・`)あたしも逆上した時はトイレに逃避(隔離)するわ。


ほんといろいろあるなぁ


社会人になってからも、褒めて褒めて!のかまってちゃんになる。めんどうな大人。


悪いことをしたら折檻するのが良いらしい。そういや、俺も小さい時はされた記憶があるなあ…


できたことをほめてあげる♪何事も適切な度合いが大切ですね(^.^)


アホの一つ覚えはどんな事でもよくないに決まってる。いい事したら褒めて認めるのは当たり前のこと。何をするにしてもその根底には信頼と敬意と絆がないとダメだ。


ほんとかどうかわからんが、面白い。


これが正解とは思えないが、少なくとも世間の荒波に接して生きていくためには褒め倒す、ひたすらヨイショする子育ては無理があると思う 


こどもいないからわかんないけど、「わからせる」には良さそうだなぁ。あと、できたらほめる=褒められないとダメという脅迫、はわかる気がするよ。


ほっとくのが一番でしょ。生き物なんだから。


悪いことをしたら隔離」。なるほど、一理ある。











1001:以下、名無しがお送りします ID:nanashi



【人気記事一覧】

一押し記事リスト

Twitterでえっ!?またここのサイト?をフォローしよう!

    このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント( 15 )

コメント一覧

    • 1.名無し@またここ
    • 2015年01月23日 09:59
    • ID:wcnylRHk0
    • 子供の言うことは相手にしない、悪いことをしたら放置ってそれただの育児放棄じゃないの?
    • 2.名無し@またここ
    • 2015年01月23日 10:27
    • ID:xtWPADqo0
    • 力を力で制するのは、悪いことじゃない。
      現実は、そうなってる。
    • 3.名無し@またここ
    • 2015年01月23日 10:28
    • ID:bUVmdzfd0
    • 育児は誰にでも当てはまる正解が無いから難しい
      一番ダメなのはこういう人の言う事鵜呑みにしてコロコロやり方変える親
      自分で考えて自分の子供に合ったやり方を見つけていかないと
    • 4.名無し@またここ
    • 2015年01月23日 10:37
    • ID:cw29LoRJ0
    • こういうまとめだけを見て鵜呑みにして隔離と言って物置とかに閉じ込めたりして、子供の見捨てられ不安を助長するだけのバカ親になる。
      乳児期の基本的信頼の獲得を重要視したほうがいい。人の発達はそれを基盤に進んでいくんだから。
    • 5.名無し@またここ
    • 2015年01月23日 10:56
    • ID:f4FrLofz0
    • 環境によって変わるけど、
      褒めるところと、注意すべき点を
      教えてあげるこの2つを組み合わせればいい。
    • 6.名無し@またここ
    • 2015年01月23日 10:59
    • ID:jakEcewv0
    • ちゃんと読めば違うのかも知れないけど、この記事四て表面だけとらえて賛同するやつは確実にネグレクトすると思うわ。
    • 7.名無し@またここ
    • 2015年01月23日 11:06
    • ID:3UY7DtL00
    • これは虐待なんじゃないのかな?
      良いこと悪いことを自分で判断できるように育たないと自立が難しくなっちゃうよ
    • 8.名無し@またここ
    • 2015年01月23日 11:11
    • ID:7NtILU3m0
    • 褒めて叱って殴ってあやすんだよ
    • 9.名無し@またここ
    • 2015年01月23日 12:02
    • ID:VEr6PwMH0
    • 正解なんかないわな

      ちなうちの元暴れん坊当時3歳は
      寝る前にポージングした俺を息子の息が上がるまで殴らせる事を1月ほどやらせたらぴったりと誰にも暴力をふるわなくなった

      これが正解な訳はないがこんな事で解決することもある
    • 10.名無し@またここ
    • 2015年01月23日 14:00
    • ID:uYCq8MXk0
    • ※9
      とーちゃんスゲーな。
      息子を信頼してないと出来ないことだわ。
    • 11.名無し@またここ
    • 2015年01月23日 14:01
    • ID:hCUBL.Cd0
    • ※1

      この場合考えた上での放置だろ
      文盲なの?
    • 12.名無し@またここ
    • 2015年01月23日 15:04
    • ID:UwGxPCP20
    • 飴と鞭を使い分ければ良いってこと?
      それは昔ながらのしつけ方法でいいってことかな。
    • 13.名無し@またここ
    • 2015年01月23日 20:38
    • ID:DWuG1soX0
    • ※大人の勝手な創造です
    • 14.名無し@またここ
    • 2015年01月23日 20:39
    • ID:DWuG1soX0
    • 息子を褒めなかった結果wwwwww

      頑張らない親子の絆は育まれない父親面すんなと言われる
    • 15.名無し@またここ
    • 2015年01月23日 22:23
    • ID:6Zj8OO920
    • 褒めることは間違ってない

      褒めすぎるのは間違ってる

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 

当サイトに訪問頂き誠にありがとうございます!
何時も皆様のコメントを楽しく拝見させて頂いております。
【コメント投稿時の注意事項】
※記事内容と関係の無い、商材等のサイトへ誘導するコメントは管理人の判断にて削除させて頂く場合がございます

TOPへ戻る
人気ページランキング
記事検索
最新記事
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:

ブックマーク人気記事一覧
最新コメント
記事検索
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QRコード
逆アクセスランキング

いつもアクセスお送り頂き
ありがとうございます。
頑張ってお返し出来るよう
精進します!

ALL