2chまとめブログ『えっ!?またここのサイト?』です。『またここ?』と呼んで下さい。2chで拾った恋愛系のネタを中心に男女の暴露話や面白ネタを集めています♪

一押し面白記事

こまめに消灯は節電にならないって本当?頻繁にOn・Offすると、寿命が縮む機器も多い!!

「こまめに消灯」は節電にならないって本当?「頻繁にOn/Offすると、寿命が縮む機器も多い」
http://news.livedoor.com/article/detail/8708050/
 

1

「こまめに消灯」は節電にならないって本当?
「頻繁にOn/Offすると、寿命が縮む機器も多い」

少しからだを動かすと汗ばむ陽気になってきた。
今年の夏も、電力不足に悩まされないか心配だ。


「こまめに消灯」なんて張り紙を見かけるが、本当に節電できるのだろうか?スイッチを切れば確かに電気は流れないが、入れたときに多くの電力を使う機器も多いので、頻度によってはよけいに消費してしまう。


蛍光灯のようにOn/Offを繰り返すと極端に寿命が短くなる機器もあるので、新しい製品に買い替えたほうが、消灯よりもサイフにやさしいのだ。




■こまめに切っても節電できない?

電気製品が必要とする電力は「消費電力」と呼ばれ、例えば1,000W(ワット)のように表現されるが、普通に使っているときの「定格」と、もっとも多くの電気を必要とする「最大」消費電力がある。
ほとんどの電気製品はスイッチを入れたときに、普段よりも多くの電気を必要とするのだ。


電気製品の種類と、定格消費電力の何倍用意すべきかの目安をあげると

・1倍 … 電気ポット、コーヒーメーカーなど

・2倍 … 扇風機、電動ドリルなど

・4倍 … 冷蔵庫、ポンプなど

と、種類によって大きく違う。

熱を発するヒーター系はほぼ定格通りだが、モーターが入っていると2倍ぐらい必要となる。水をくみ上げるポンプや気体を圧縮するコンプレッサーは、スイッチを入れるとすぐに高負荷がかかるため、4倍程度を見込んでいないとブレーカーが上がってしまうこともある。


つまり「こまめに消灯」は、逆効果になる電気製品もあるのだ。


フィラメントを使った白熱灯は、ある意味でヒーターと同じ構造なので、Offにしている時間だけ得、と言えよう。ただしアイロンやコーヒーメーカーは、温度が上がるまで待たないと使えないので、数分使わない程度ならOnのままが得だ。


スタート時に大電力を要するモーター類は、On/Offを頻繁に繰り返すとかえって損することになる。
代表例は掃除機で、定番の節約術では
「事前に部屋を片付けておく」
「掃除機は一気にかける」
と言われているように、頻繁に入り切りするとよけいな電気を使ってしまう。


片づけは苦手だが節電したい!なら、あいだを取って、吸い込み力「弱」で使い続けるのが良いだろう。


■節電すると寿命が縮む?

起動時は消費電力が多いだけでなく、電気製品に大きな負担がかかる。
あまり頻繁に入り切りすると、寿命を縮めてしまうのだ。


代表例は蛍光灯で、なかでも古典的なグローランプ式は、こまめに節電すると、あっという間に寿命を迎えてしまう。
グローランプは一瞬光る筒状の部品で、点灯時に高い電圧がかかるため、使ううちにすすけてしまう。

同様に蛍光灯にも負担がかかり、3時間ごとにOn/Offしたときの寿命を100%とすると

・2時間ごと … 約80%

・1時間ごと … 約60%

・30分ごと … 約40%

と、頻繁に入り切りすると、加速度的に寿命が縮む。
蛍光灯の構造上、節電と寿命の両立は極めて困難なのだ。


もっとも簡単な解決策はLED照明への交換だ。
点灯時の負担はほとんどないので「こまめに消灯」するほどに節電できるし、同じ明るさで消費電力は1/6程度で済む。
使い方を工夫するよりも、新しい技術を取り入れたほうがお得なのだ。

同様に、資源エネルギー庁の資料から、ほかの家電製品の消費電力の改善率を抜粋すると

・冷蔵庫 … 1998 -> 2010年 : 23.7%

・照明器具 … 1997 -> 2010年 : 35.7%

・電気便座 … 2000 -> 2006年 : 14.6%

と、設計の新しい機器なら、意識しなくても節電できる。


■まとめ

・電気製品は、On時に多くの電気を使う

・掃除機など、モーターを使った製品は2〜4倍消費する

・頻繁にOn/Offすると、寿命が縮む機器も多い

・設計の新しい製品は、普通に使ってもかなり省エネ

もったいない気持ちはわかるが、新製品に乗り換えるのも省エネの一環のようだ。


(関口 寿/ガリレオワークス)




常識なんだけど、これを理解出来ない人ほどこうるさい。


蛍光灯からLEDに替えたって、消費電力は少し減る程度だよ。
嘘っぱちな記事だな。
なので、こまめに消すところからLEDに替えてる。


ものによるというわけやね…


昔TV設計をしていた私ですが、TVはSW入れた時、壊れることが多かった。
過電流が流れ半導体がリークする!


電化製品の種類にもよる。
代表例は掃除機で、一度Onにしたら一気に掃除するのがよい。
普段から綺麗にしておくのが一番の節約だとか。






1001:以下、名無しがお送りします ID:nanashi



【人気記事一覧】

Twitterでえっ!?またここのサイト?をフォローしよう!

コメント一覧

    • 1.名無し@またここ
    • 2014年04月12日 10:59
    • ID:6XRvp2al0
    • LED 意外は電源のオンオフで寿命が激減するってのが味噌だろ。
    • 2.名無し@またここ
    • 2014年04月12日 11:30
    • ID:wQR4CGWu0
    • 元職場で節電とかいって昼休みとか電気切られてたわ
      余計にコストかかるって言っても老人には理解できなかったみたい
    • 3.名無し@またここ
    • 2014年04月12日 12:19
    • ID:K1OYQ1A40
    • 悲しいかな消えてる方が節電になってると取る馬鹿が
      個人だけじゃなく企業とか団体なのが問題だわ
      昼に電気付いてるとテナントに節電しろとかいう馬鹿土地管理会社と
      管理会社へのポーズの為だけに電気を消すテナントとかまさにクソ社会の縮図
      バカバカしいったらありゃしない
    • 4.名無し@またここ
    • 2014年04月12日 12:29
    • ID:7o4.Y7VW0
    • 電気代>グロー球代
      節電が正しい
    • 5.名無し@またここ
    • 2014年04月12日 13:47
    • ID:t3w30zXO0
    • >蛍光灯のようにOn/Offを繰り返すと極端に寿命が短くなる機器もあるので、新しい製品に買い替えたほうが、消灯よりもサイフにやさしいのだ。

      何で節電の話してるのに財布にやさしいかどうかの話にすり替えてるの?
      少なくとも今のご時世は単純に「経済負担を減らすための節電」というわけじゃないよね
      こんなこと言い出したら、こまめに消灯するための手間やカロリーなども考える必要があるわけだが
    • 6.名無し@またここ
    • 2014年04月12日 15:27
    • ID:oaS.Zmfh0
    • ※1の文章は、
      「LEDは意外に電源のオンオフで寿命が激減…」(助詞の誤り?)なのか、それとも
      「LED以外は電源のオンオフで寿命が激減…」(誤変換?)なのか、
      意味が正反対になってくる
    • 7.名無し@またここ
    • 2014年04月12日 18:42
    • ID:2BIrY5WK0
    • ※4
      グローが消耗=電気の消費量が大きい。
      つまりグローに負担かけない=節電って読めないのか?
    • 8.名無し@またここ
    • 2014年04月12日 21:30
    • ID:50.Li2kq0
    • テレビの主電源とかコンセントをまめに抜き差ししてると
      テレビの寿命が縮むと聞いたことある。
    • 9.名無し@またここ
    • 2014年04月13日 00:23
    • ID:gllJ61LZ0
    • 具体的に
      一回切った後にonした時に
      何Ws消費するかとか書いてないから

      フワフワした記事だなぁ
    • 10.名無し@またここ
    • 2014年04月13日 03:02
    • ID:DISmvzdV0
    • サイフ。。
      のための節電なの?

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 

当サイトに訪問頂き誠にありがとうございます!
何時も皆様のコメントを楽しく拝見させて頂いております。
【コメント投稿時の注意事項】
※記事内容と関係の無い、商材等のサイトへ誘導するコメントは管理人の判断にて削除させて頂く場合がございます

TOPへ戻る
人気ページランキング
【PR】
記事検索
最新記事
ブックマーク人気記事一覧
最新コメント
記事検索
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
逆アクセスランキング

いつもアクセスお送り頂き
ありがとうございます。
頑張ってお返し出来るよう
精進します!

ALL

PR