提供元:なぜ日本では、『天才』が生まれなくなったのか?
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/news/1322453790/
1456137i


1:名無しさん@涙目です。(石川県):2011/11/28(月) 13:16:30.29 ID:cbfISdE30

「天才談志」もう一度 CD・DVDの注文殺到

 二十一日に死去した落語家・立川談志さんの芸を収めた
CDやDVDの売り切れが続出している。死去が報じられて
わずか一日で各メーカーの在庫が底をついたほどだ。

 東京・銀座の山野楽器銀座本店によると、死去の報が流れた
二十三日午後から問い合わせが殺到し、翌二十四日には売り切れた。

 談志さんのCD、DVDの音源、映像の九割を制作している
竹書房の加藤威史さんは「心の琴線に触れて魂に差し込んでくる
噺家(はなしか)は談志さん以外ない。人間の魅力でしょう」と話す。 
1_1
 

http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2011112602000196.html


3:名無しさん@涙目です。(東京都):2011/11/28(月) 13:17:07.57 ID:uJTVat9Z0

天才って実はいなくね?


10:名無しさん@涙目です。(北海道):2011/11/28(月) 13:18:28.84 ID:+gyJYKFZO

経営者より頭の良い人間は要らないから


11:名無しさん@涙目です。(家):2011/11/28(月) 13:18:47.04 ID:IHnhCs/P0

探せば見つかるでしょ
表に出てこないだけで


13:名無しさん@涙目です。(dion軍):2011/11/28(月) 13:18:55.48 ID:lCbHUG8R0

教育の環境が良くない
才能があっても潰される


16:名無しさん@涙目です。(東京都):2011/11/28(月) 13:19:10.80 ID:DgrByQul0

この国で天才は、前に出ることをあえてしない
だって天才だから


17:名無しさん@涙目です。(東京都):2011/11/28(月) 13:19:11.80 ID:rSQrfHtX0

報われないから


19:名無しさん@涙目です。(大分県):2011/11/28(月) 13:19:25.28 ID:bEWLLvvR0

DQNが溢れかえると、天才が立ち消えやすくなってしまったと思う


26:名無しさん@涙目です。(長野県):2011/11/28(月) 13:20:04.50 ID:npUrqxoN0

天才がいてもそれを発掘、育成するノウハウが無い


27:名無しさん@涙目です。(埼玉県):2011/11/28(月) 13:20:24.42 ID:iaYKyWT+0

天才を理解する奴がいないからでしょ。
そっちにもそれなりの能力が必要だからね。
日本は絶賛衰退中なのに現状でいいんだって連中が多すぎるんだよ


982:名無しさん@涙目です。(SB-iPhone):2011/11/28(月) 18:54:34.67 ID:7vAPBYXP0

>>27
まずは子作りから
下手な鉄砲も数打ちゃ当たる


29:名無しさん@涙目です。(関東・甲信越):2011/11/28(月) 13:20:26.66 ID:ZpXT18BGO

天才は全力でたたきつぶす


30:名無しさん@涙目です。(群馬県):2011/11/28(月) 13:20:28.71 ID:mNpe0Rtb0

中学高校で潰れるから


31:名無しさん@涙目です。(京都府):2011/11/28(月) 13:20:41.45 ID:59s5X+CO0

天才は静かに暮したい


34:名無しさん@涙目です。(千葉県):2011/11/28(月) 13:21:13.55 ID:t1ErkI9x0

教育システムが平均主義だから


828:名無しさん@涙目です。(埼玉県):2011/11/28(月) 16:50:14.32 ID:3mUwVLFk0

>>34
一理ある


37:名無しさん@涙目です。(家):2011/11/28(月) 13:21:33.39 ID:371rmGAz0

天才は和を乱すから。
大体小学生の頃にから矯正されて中学卒業までには普通の人になる


828:名無しさん@涙目です。(埼玉県):2011/11/28(月) 16:50:14.32 ID:3mUwVLFk0

>>37
それはある。角がどんどん削られていく


39:名無しさん@涙目です。(大阪都):2011/11/28(月) 13:21:40.76 ID:o4jdffrp0

詰め込み教育で同じような思考を求めたらそりゃ
天才って発想がそもそも違うんじゃねーの


40:名無しさん@涙目です。(岡山県):2011/11/28(月) 13:21:55.30 ID:Bcx34hkN0

出る杭は打たれるって日本だけの言葉なのかねやっぱ


49:名無しさん@涙目です。(dion軍):2011/11/28(月) 13:23:10.28 ID:E9f0LrlV0

リスクを負わなくなったからだろ
国民総中流社会で普通に普通になるよう教育されてる


50:名無しさん@涙目です。(九州地方):2011/11/28(月) 13:23:18.16 ID:n5y4YNByO

天才が出ないんじゃなくて天才を認めなくなっただけだろ
知識だけなら今の連中が明治に行けば天才だらけ


55:名無しさん@涙目です。(大阪都):2011/11/28(月) 13:23:43.79 ID:o4jdffrp0

人と同じことをして人より出来るのは秀才だからね
そういうのは居るだろうけど


63:名無しさん@涙目です。(福島県):2011/11/28(月) 13:24:11.96 ID:+U0/0ccT0

生まれなくなったって、そもそも日本には昔から天才なんていねーだろw


67:名無しさん@涙目です。(千葉県):2011/11/28(月) 13:24:40.23 ID:MdZBSV+70

物心つく前に洗脳されるから


68:名無しさん@涙目です。(秋田県):2011/11/28(月) 13:24:41.38 ID:GX5uF0F+0

オタク文化に染まってしまうから、そっちでエネルギー使ってしまって枯れてしまう


71:名無しさん@涙目です。(東京都):2011/11/28(月) 13:24:58.85 ID:CooAu/pn0

引きこもりの天才がここにいるんだが?


78:名無しさん@涙目です。(家):2011/11/28(月) 13:25:44.80 ID:rAPe+0Ve0

現代日本において天才はプロデュースするものとなったから


81:名無しさん@涙目です。(四国地方):2011/11/28(月) 13:25:49.62 ID:wfnIVRce0

運動会の競技はお手手つないで全員一等賞とかアホな教育やってるからだろ


88:名無しさん@涙目です。(SB-iPhone):2011/11/28(月) 13:26:29.30 ID:ARcoRuy90

すごいの作っても売れないから


98:名無しさん@涙目です。(禿):2011/11/28(月) 13:27:36.96 ID:YiwBGI0O0

天才ってなんだよ


100:名無しさん@涙目です。(茸):2011/11/28(月) 13:27:45.09 ID:WJzvlXV40

天才が努力するんだから、そりゃ誰も敵わないって誰かが言ってたな


105:名無しさん@涙目です。(神奈川県):2011/11/28(月) 13:28:00.68 ID:iqjONbrV0

ルネッサンス時代みたいなマルチ天才を求めてるのか
狭い領域だけで超凄い奴を求めてるのかにもよる


109:名無しさん@涙目です。(神奈川県):2011/11/28(月) 13:28:22.92 ID:K308HNbg0

天才は儲からない


110:名無しさん@涙目です。(SB-iPhone):2011/11/28(月) 13:28:25.26 ID:T9ld+2fd0

天才は潰されるがアホは生きやすい社会


123:名無しさん@涙目です。(兵庫県):2011/11/28(月) 13:29:44.05 ID:9RRENKPA0

能ある鷹は爪を隠す


127:名無しさん@涙目です。(家):2011/11/28(月) 13:30:00.87 ID:kkExtYEv0

日本は量産型の天才しかいないよな
オンリーワンじゃないからまったく目立たない


132:名無しさん@涙目です。(茸):2011/11/28(月) 13:30:03.91 ID:ggFaFhZg0

出る杭を叩き潰すのが日本


140:名無しさん@涙目です。(愛媛県):2011/11/28(月) 13:30:53.22 ID:BlunDx7f0

天才は生まれてるけど天才ゆえに
この国で前に出る不毛さを知ってるから出ないだけなのである


143:名無しさん@涙目です。(千葉県):2011/11/28(月) 13:31:28.35 ID:ijjacOjh0

今の時代目立たら人生終わる
だから目立たないので天才が何処に居るのか分からなくなった
ただそれだけの事


146:名無しさん@涙目です。(千葉県):2011/11/28(月) 13:31:49.92 ID:3zvLHdMS0

日本と言えばHENTAIが定着してしまったんだろ


153:名無しさん@涙目です。(山口県):2011/11/28(月) 13:32:26.13 ID:FCJvtoEw0

天才っていうほどじゃないけど才能のあるやつっていじめられっこ気質のやつが多い気がする


784:名無しさん@涙目です。(家):2011/11/28(月) 16:21:40.03 ID:bXFp0wlI0

>>153
天才は誰かを虐めようという発想が出てこないからな・・


162:名無しさん@涙目です。(SB-iPhone):2011/11/28(月) 13:33:38.54 ID:bKKLHR5s0

天才を必要とする社会は不幸だ


171:名無しさん@涙目です。(北海道):2011/11/28(月) 13:34:29.55 ID:35DUhobz0

日本の年間自殺者数3万人の中に天才も入ってる


187:名無しさん@涙目です。(神奈川県):2011/11/28(月) 13:36:17.36 ID:Xbt0PV8/0

生まれても学校で平らにされるから


189:名無しさん@涙目です。(島根県):2011/11/28(月) 13:36:24.16 ID:9hqHh7oJ0

評価されて初めて「天才」だろ
評価する人間がいなくなれば「天才」はいなくなるのが当たり前


200:名無しさん@涙目です。(北海道):2011/11/28(月) 13:37:35.92 ID:3dZV0Apu0

天才の基準がおいらには良くわからないよ
天才をバーゲンセールみたいに使う人もいるし


201:名無しさん@涙目です。(大分県):2011/11/28(月) 13:37:39.53 ID:M3QB0Xyk0

ノーベル取る人は間違いなく天才
凡人の俺らの目が変に厳しくなってるだけ


210:名無しさん@涙目です。(福岡県):2011/11/28(月) 13:38:33.25 ID:AyZkpHN/0

天才は能力が高すぎて
自然と多分野で活躍してしまうんだよ

もう受動的と言っていいかもしれない
生きてる限りその非凡な能力が発揮されてしまう

一芸の人は努力の結果


211:名無しさん@涙目です。(catv?):2011/11/28(月) 13:38:40.28 ID:DIDiBkJK0

まず天才の定義から考えようか。
だいたい、滅茶苦茶頭良い奴がいたとしても、そいつと
近いレベルに自分がいないと、そいつの凄さはわからんぞ。
要するに、凡人が語っても無駄。


220:名無しさん@涙目です。(北海道):2011/11/28(月) 13:39:38.00 ID:Hyc7TfZ2O

普通に生き普通に育てられ社会から普通はいらないと言われる


228:名無しさん@涙目です。(SB-iPhone):2011/11/28(月) 13:40:59.79 ID:dZRXkJfe0

天才ってすごいボンヤリしてるよな
境界線が無いから


230:名無しさん@涙目です。(東京都):2011/11/28(月) 13:41:03.56 ID:UaodVlfk0

でも天才は秀才に勝てない
あくまでイレギュラーな存在


233:名無しさん@涙目です。(東日本):2011/11/28(月) 13:41:20.65 ID:xTgla/Gg0

天才とキチガイは紙一重
日本では天才を育てるより、キチガイを矯正する方が優先される
だから日本では天才の芽が摘まれてしまう


237:名無しさん@涙目です。(新疆ウイグル自治区):2011/11/28(月) 13:42:00.08 ID:jfxPVojl0

マイノリティの意見を尊重しないで空気を読むことが最上とされるから


248:名無しさん@涙目です。(中国地方):2011/11/28(月) 13:43:42.19 ID:9+d36t8G0

天才とは頭が良すぎて働いたら負けという結論に至ったお前らのこと


269:名無しさん@涙目です。(関東・甲信越):2011/11/28(月) 13:45:51.18 ID:0JTtMmZOO

ガチの天才は周りから叩かれようと屈しないで結果を出すだろ
外国でも才能ある奴が認められないで叩かれるのは共通してるぞ


281:名無しさん@涙目です。(兵庫県):2011/11/28(月) 13:47:28.17 ID:9RRENKPA0

天才を見抜ける奴が周囲にいないとその天才は才能を発揮できんわな


298:名無しさん@涙目です。(芋):2011/11/28(月) 13:49:29.15 ID:FJw8xys6P

>>281
その通りだと思う
けっこう「こいつ天才じゃないか?」というやつには出会うのだが、
俺と知り合ったところで、そいつが浮上するきっかけにはならない
もったいないなあ


319:名無しさん@涙目です。(福岡県):2011/11/28(月) 13:52:01.90 ID:dDZwsK/10

生まれる確立はどの国でも同じだろうが、競争を望まない社会性が才能を潰してるんだろうな


330:名無しさん@涙目です。(東京都):2011/11/28(月) 13:52:31.13 ID:Sl1ECa+S0

アメリカにIQが190ある男がいて
その男の母がIQ180ぐらいあり、父が精子バンクで選んだIQ200の男の精子
息子は小さい時から、一目見たら数学の公式は覚えられたし、法則や理論も一度、説明されただけで理解した
しかし「それだけなんだ」と苦しみ
「何かを生み出したり、創造が出来ない」と言ってた


346:名無しさん@涙目です。(東京都):2011/11/28(月) 13:53:49.13 ID:a75soCgU0

天才とは努力し得る才だ、というゲエテの有名な言葉は、殆ど理解されていない。
努力は凡才でもするからである。然し、努力を要せず成功する場合には努力はしまい。
彼には、いつもそうあって欲しいのである。天才は寧ろ努力を発明する。
凡才が容易と見る処に、何故、天才は難問を見るという事が屡々起こるのか。
詮ずるところ、強い精神は、容易な事を嫌うからだという事になろう。
制約も障碍もない処で、精神はどうしてその力を試す機会を?むか。
何処にも困難がなければ、当然進んで困難を発明する必要を覚えるだろう。
それが凡才には適わぬ。抵抗物のないところに創造という行為はない。


359:名無しさん@涙目です。(大阪都):2011/11/28(月) 13:55:31.65 ID:kJWCsbYj0

>>346
ゲーテさすがっすなー


377:名無しさん@涙目です。(京都府):2011/11/28(月) 13:57:39.47 ID:V0gTGtaM0

優れた研究を評価してそこに研究資金を付けて育んでいく能力が著しく低い
経営能力が糞下手


383:名無しさん@涙目です。(東京都):2011/11/28(月) 13:58:20.42 ID:Q/KQTpL70

まあ、ついったーとか祭り見てても妬みの力ってすごいよなw


404:名無しさん@涙目です。(東日本):2011/11/28(月) 14:00:57.87 ID:lumtfA3w0

各業界の一番は天才ってことでいいだろ


408:名無しさん@涙目です。(愛知県):2011/11/28(月) 14:01:08.90 ID:63Qhc+gy0

日本って元から突出した個がいない国だったじゃん


420:名無しさん@涙目です。(東京都):2011/11/28(月) 14:02:47.29 ID:rSQrfHtX0

天才を放っておけない社会が根本原因だな
餌に群がる養殖ウナギみたいに食らいついてくる


422:名無しさん@涙目です。(千葉県):2011/11/28(月) 14:03:00.13 ID:AYyJY5SF0

一人の力じゃもう何も変わらない仕組みになってる
逆に他人を利用したり蹴落としても罪悪感無いタイプは出世するし世の中も変えられる
まあこれは日本に限ったことじゃないんだろうけどさ


454:名無しさん@涙目です。(東京都):2011/11/28(月) 14:08:13.10 ID:gtAYVU5H0

天才とは社会に役立つ異端の事だ。日本という社会はそもそも異端の生きる余地がない。


456:名無しさん@涙目です。(東京都):2011/11/28(月) 14:08:34.11 ID:Q/KQTpL70

みんな分かってるんだけれども変えられないっていうこの怠惰w
何から始めるべきなのかねぇw


458:名無しさん@涙目です。(千葉県):2011/11/28(月) 14:09:08.18 ID:tEJGeAwP0

天才は社会が作る
社会が必要としないなら天才は出てこない


471:名無しさん@涙目です。(東京都):2011/11/28(月) 14:10:28.07 ID:DXuuPQxh0

>>458
そういう意味じゃ天才のいらない国なんだろうな、日本は


494:名無しさん@涙目です。(関東・甲信越):2011/11/28(月) 14:14:25.40 ID:8yuc225QO

天才って概念がヨーロッパぽくて嫌い。
ヨーロッパって天才天命天使とか形があやふやな人物像が大好きだよな。


498:名無しさん@涙目です。(新疆ウイグル自治区):2011/11/28(月) 14:15:35.19 ID:bl0rwRKm0

>>494
なるほどねー


521:名無しさん@涙目です。(兵庫県):2011/11/28(月) 14:22:46.51 ID:DFYBZryS0

馬鹿と天才は紙一重とかいう言葉は、馬鹿にとって救いのある言葉だなとつくづく思う


531:名無しさん@涙目です。(アラバマ州):2011/11/28(月) 14:25:12.31 ID:8ZZ/WN/30

育成する賢い大人がいなくなったから


545:名無しさん@涙目です。(静岡県):2011/11/28(月) 14:29:08.23 ID:U3sJmdFq0

天才だっていうなら、自分がまったく知らない言語を
10分間参考を等で学んだだけで日常会話程度ぺらぺらと喋れて欲しいな


583: 忍法帖【Lv=12,xxxPT】 (SB-iPhone):2011/11/28(月) 14:38:50.21 ID:T1zY03VZi

天才は忘れた頃にやってくる


599:名無しさん@涙目です。(関西・東海):2011/11/28(月) 14:42:32.05 ID:iYWV+9Db0

失敗を恐れる→保守的になる→結局失敗→改革しようにも時すでにお寿司

いい加減正社員の枠なくせよ、雇用流動化で転職しやすくさせろ
そうすれば社畜も少しは肩の荷が軽くなる


610:名無しさん@涙目です。(長野県):2011/11/28(月) 14:47:00.74 ID:AfxODZ20O

>>599
会社も変なの正社員で取って切るタイミング間違えたら損だしな


601:名無しさん@涙目です。(福島県):2011/11/28(月) 14:43:06.71 ID:K3VEuS0S0

天才が必要ない世になったのさ


608:名無しさん@涙目です。(コネチカット州):2011/11/28(月) 14:46:51.05 ID:YdJSK7HqO

人間一芸に秀でてたらええやん


613:名無しさん@涙目です。(dion軍):2011/11/28(月) 14:48:44.33 ID:OE7YpsbR0

今までも天才なんて誰一人居なくね?


619:名無しさん@涙目です。(コネチカット州):2011/11/28(月) 14:50:37.55 ID:YdJSK7HqO

日本だと天才は変な人扱いされて面接で落とされるな


631:名無しさん@涙目です。(dion軍):2011/11/28(月) 14:53:48.17 ID:o/ajCFt/0

言語の壁と言われればそれまでだけどトップジャーナルがないからなぁ
天才は日本にも生まれるが育たないって言った方がいいのかもなぁ


648:名無しさん@涙目です。(千葉県):2011/11/28(月) 14:59:57.20 ID:kNEKONzX0

>>631
天才かも?と思っても、それを通達する機関や認定し金銭的に補助する等、
育てようとする機関がないみたいだからなぁ

ただ東大付属だったかな、双子を集めて発達過程を研究している学校はあったような


633:名無しさん@涙目です。(コネチカット州):2011/11/28(月) 14:54:47.05 ID:SMGVVMuzO

人と違う事をしようとすると叩かれるからなあ


652:名無しさん@涙目です。(コネチカット州):2011/11/28(月) 15:01:31.76 ID:aJCAlXvSO

>>633
結局それに尽きるよな

天才は変人の中で結果を出した者
日本社会では変人は生きづらい
周りに合わせない人間は叩かれるし、そういう意味での
コミュニケーション能力がない人間は結果を出す前に潰される
多様性に価値を見出す教育はルールを軽視して競争を隠す教育とは違う


642:名無しさん@涙目です。(関東地方):2011/11/28(月) 14:59:10.07 ID:ggAqvk3K0

日本は天才を潰す、潰す、と批判するけど、お前らだって近くに天才が
いたら自分がそいつを補佐したり支えたりしてやろうっていう気概が
あって言ってるのか?
思う以上にイヤなやつばっかりだぞ、突出した人物なんて。
ジョブズは真人間か?違うだろ。ガロワは真人間か?違うだろ。ノイマンは相当嫌なガキだったそうだぞ。
そういう奴らをイジメずに、そいつに合わせてやるほど寛大な心になれそうな
気持ちが自分にあるやつだけ「天才を潰す社会だから」みたいなことを言って
いいと思うんだ。

ちなみに、俺は天才だろうとなんだろうとウザいと思ったら容赦なく
無視するから。


650:名無しさん@涙目です。(SB-iPhone):2011/11/28(月) 15:00:04.15 ID:J3Kko2J60

馬鹿ばっかりだから
天才がいても気がつかない


678:名無しさん@涙目です。(SB-iPhone):2011/11/28(月) 15:09:34.13 ID:qyi38IV+0

子供の可能性は無限大なんだよな


703:名無しさん@涙目です。(コネチカット州):2011/11/28(月) 15:17:31.09 ID:Gx1jbIAx0

分母は1億もあるんだから、天才の素質を持った子供は常に一定数生まれてきてるんじゃないのか


709:名無しさん@涙目です。(SB-iPhone):2011/11/28(月) 15:19:04.45 ID:pYIwdSb6i

>>703
素質自体は全員持ってると思う
その素質を発揮出来るかどうかじゃないかな


712:名無しさん@涙目です。(埼玉県):2011/11/28(月) 15:19:41.64 ID:SecxAcRd0

天才は常にいるけれどそれを評価できる奴が少ない


738:名無しさん@涙目です。(山形県):2011/11/28(月) 15:36:05.08 ID:fKWxzaXn0

誰かが言ってたな日本では中学受験がエリート教育だって


743:名無しさん@涙目です。(東海地方):2011/11/28(月) 15:40:18.14 ID:QPaaMvGOO

天才いるんだけどお前ら意見バラバラだから
天才が天才として祭り上げられないんだよ


745:名無しさん@涙目です。(大阪都):2011/11/28(月) 15:40:36.21 ID:WZw3sEqe0

知識を金で売買して出し惜しみするようになり
口から出る言葉は他人への悪口。


そんな国から天才など出ない。

贈り物をしろ。


779:名無しさん@涙目です。(東京都):2011/11/28(月) 16:17:09.81 ID:c68tYkr90

天才は生まれているが「問題児」として社会から隔離される


788:名無しさん@涙目です。(関東・甲信越):2011/11/28(月) 16:23:45.37 ID:fawhmzNwO

天才がいなくなったんじゃなくて
天才を見出だす者がいなくなったんだよ。


792:名無しさん@涙目です。(新疆ウイグル自治区):2011/11/28(月) 16:25:08.55 ID:bs4oCujN0

バブル以降、不況だからだろ。
金があれば暇な時間つかってアホな事にも全力投球できる。
今はその余力が無い奴が多い。


799:名無しさん@涙目です。(静岡県):2011/11/28(月) 16:29:03.26 ID:QYVoy2nc0

そういう家庭は海外へ出るだろうよ


807:名無しさん@涙目です。(新疆ウイグル自治区):2011/11/28(月) 16:35:09.18 ID:n70UOjHL0

人気職業が「公務員」や「サラリーマン」の国で、どうやって天才を育めと


819:名無しさん@涙目です。(WiMAX):2011/11/28(月) 16:42:37.35 ID:YH4IGgM70

宇宙飛行士になる人は天才じゃね?
あれって努力でなれるものなの?


826:名無しさん@涙目です。(新疆ウイグル自治区):2011/11/28(月) 16:48:42.69 ID:n70UOjHL0

ゲイツは秀才、ジョブズは天才
そんな感じ


859:名無しさん@涙目です。(神奈川県):2011/11/28(月) 17:14:56.49 ID:KcJUu1sn0

こいつすげぇ頭良いのだろうなという人が学年に一人はいたな
どうしてるのかなぁ……


870:名無しさん@涙目です。(九州地方):2011/11/28(月) 17:27:12.41 ID:J5/fXZmIO

でも頭が良くて変な奴って実際見たことないな
そんな環境にいないからなんだろうがどんな感じなんだ?


886:名無しさん@涙目です。(関西・東海):2011/11/28(月) 17:37:55.35 ID:T399x7mW0

天才っぽい偉人のエピソード聞く限り
早いうちに理解者に巡り会えて大成するのがパターンだよね
それでも私生活でトラブル起こしがちだけど


890:名無しさん@涙目です。(東京都):2011/11/28(月) 17:38:42.80 ID:sq3ztqDm0

天才は、出る杭が打たれるのを分かってるからヒッソリ隠れて過ごしてるよ


963:名無しさん@涙目です。(神奈川県):2011/11/28(月) 18:31:04.08 ID:T4/NaHLSP

日本は発明した人より、発明したものだけがクローズアップされるからだろ


992:名無しさん@涙目です。(SB-iPhone):2011/11/28(月) 19:13:52.60 ID:YVp2PlVH0

天才が減ったんじゃ無い
小物が増えただけ
小物基準で決めるくらい小物が増えた


995:名無しさん@涙目です。(東京都):2011/11/28(月) 19:16:45.72 ID:wtZSK4G50

天才の基準がわからん


999:名無しさん@涙目です。(京都府):2011/11/28(月) 19:18:24.47 ID:VluZwRLQ0

ピアノやヴァイオリンを弾きこなす天才は多く出ているが、
優れた音楽的創造性を持った天才はちっとも出てこない
ハードワーク、イージーヴィジョン


168:名無しさん@涙目です。(青森県):2011/11/28(月) 13:34:19.54 ID:0DwFLgBo0

ウィリアム・ジェイムズ・サイディズ

生後6ヶ月にして、スプーンを使用して自ら食事を摂ろうとしはじめた。そして2ヵ月後には成功した。
ボリスにおだてられると、自分が入っている揺りかごに
書いてあったアルファベットの音節を発音できるようになった。
生後6ヶ月で「ドア」と言った。2ヵ月後、サラに向かって
ドアと人々、動くものが好きだと言った。
生後7ヶ月で、月を指さして「月」と言った。そして自分だけの月を欲しがった。
1歳で綴り方を覚えた。
3歳でタイピングを憶えた。タイプライターに手が届くよう高い椅子を使った。
初めてタイプしたのは、百貨店に玩具の注文を出す手紙だった。
4歳の時には、誕生日の贈り物として、ボリスからラテン語版のガリア戦記を贈ってもらい、読みこなした。
4歳の時にはホメロスを原書で読んだ。
6歳の時には、アリストテレスの論理学を修得した。
6歳の時、ロシア語、フランス語、ドイツ語、ヘブライ語を修得。さらにトルコ語とアルメニア語も修得した。
6歳の時には、歴史上のいかなる日付でも曜日を計算し、当てることができた。
6歳でグレイの解剖学を修めた。大学レベルの数学の試験で合格点を取った。
6歳でグラマースクールに通い始めた。あまりに上達が速いので、3日で3年生に進級。7ヶ月で卒業した。
8歳の時、数学の力でボリス(数学の天才)を追い越した。
8歳の時、E・V・ハンティントンが書いた数学の教科書のゲラを校正した。
4歳から8歳までの間に、4冊の本を執筆した。
解剖学と天文学の本も書いたが、紛失し、現存していない。
7歳の時、ハーバード大学医学部の解剖学の試験に合格した。
8歳の時、MITの入試に合格した。
全米最高の中等学校の教師たちよりも勉強がよくできた。
10歳の時、ハーバード大学の論理学教授ジョサイア・ロイスの原稿を
「段落がおかしい」と言って訂正した。
11歳の時、高等数学と惑星革命を修得。


197:名無しさん@涙目です。(茸):2011/11/28(月) 13:37:23.66 ID:+9sL39X70

>>168
こいつは日本語習得出来るのかな?